唯一無二の職人杜氏

photo:Naoto Yoshida

「御慶事」の命運を担う、一人の杜氏の存在があります。それが、2013年から青木酒造の杜氏を務めている、箭内和広です。箭内は、最近の小規模醸造の酒蔵には珍しい、“職人杜氏”。

箭内は、平成2年に酒造りの道に入門。地元会津の酒蔵で蔵仕事に没頭し、12年が過ぎた頃に南部杜氏資格試験に合格。以後、酒造りの杜氏として、蔵人達を束ねてきました。

一方箭内を迎える前の当酒蔵は、職人の高齢化という問題に直面していました。新たな杜氏を迎えるべく数名の方とお会いしましたが、「笑いながら造った酒には、癒しがある。飲んで疲れないし、無条件においしい。飲んでいる人がやわらかい表情になる酒が造りたい」という箭内の言葉に、すぐにピンときました。そこで、「好きにやってみてほしい」とお願いし、当酒蔵の命運を箭内に託しました。ここから、すべての相性がうまく巡り合い、新しい「御慶事」の歴史が始まりました。

2018.8

 

『dancyu 合本 続・日本酒。』で、箭内和広の記事が掲載されています。

https://www.amazon.co.jp/dp/4833477122