古河市インターネット放送局による、当蔵紹介動画です

贈る人の心を伝える伝統の銘酒をつくる―青木酒造株式会社

青木酒造について

昭和31年頃。今も現存する青木酒造の店頭前です。 赤ちゃんの7代目蔵元も写っています! 当時はこれだけの人手が酒造りのために集まってきていました。

青木酒造は天保2年(1831年)十一代将軍家斉の時代に、茨城県西部渡良瀬川と利根川の交わる古河に創業しました。現在では古河唯一の地酒を造る酒屋として、小規模ながらも家族で営み、代々受け継いできた土地や伝統を守っています。
清酒御慶事は三代目当主が大正天皇御成婚の折、皇室の繁栄と日本の国のますますの隆盛への願いを込めて「最高のよろこびごと」という意味で「御慶事」と命名したのです。

古河で唯一の地酒として地元をはじめ、広く愛飲されております。
酒造りを通して、杜氏の技術や日本酒文化を後世に伝えていくことはもちろん、私たちが誇る茨城の自然の恵みを、もっと多くの方々に感じて頂きたいと考えています。

茨城・古河への想い

代表銘柄「御慶事」では、茨城県の酒造好適米「ひたち錦」や県産の酵母、茨城のブランド米「ふくまる」などを使用して酒造りを行っています。

豊かな水と大地の恵みを与えてくれる古河への恩返し、そしてこれまで私たち酒蔵を支えて下さった地元の方々への感謝の気持ちを胸に、これからも茨城や古河のまちづくりの一翼を担う意識を大切にしながら、変わらない品質で酒造りを行えるよう努力してまいります。

御慶事ではない、二十代の取り組み - 二才の醸

御慶事ではない、二十歳の取り組み – 二才の醸

Special Thanks チーム醸し 青木知佐、内田麟太郎、原田一成、天野雪菜、高橋理恵子、青木善延、照屋明花、井上史央里、この日本酒造りに関わった20代全ての皆さん ...

詳しくはこちら

前の年よりより良い酒を・・・変えていくのが、歴史である。 7代目蔵元 青木滋延

変えていくのが、歴史である。 7代目蔵元 青木滋延

――家業は新しい酒蔵のかたちへ [caption id="attachment_1340" align="alignleft" w...

詳しくはこちら

7.5代目のわたしが紡ぐ 次代の蔵元 青木知佐

7.5代目のわたしが紡ぐ 次代の蔵元 青木知佐

――日本酒の伝統と可能性 [caption id="attachment_1356" align="alignleft" width=...

詳しくはこちら

幸せな酒造りにこだわる、当蔵の代表杜氏 箭内和広

幸せな酒造りにこだわる、当蔵の代表杜氏 箭内和広

唯一無二の職人杜氏 [caption id="attachment_1367" align="alignright" width=...

詳しくはこちら

IWC2016「SAKE部門」純米吟醸酒最高位、全米日本酒歓評会2016吟醸部門最高位、受賞

  御慶事 純米吟醸 ひたち錦  茨城県産の酒造好適米「ひたち錦」を使用して造った純米  吟醸です。爽やかな香りと深い味わい、すっきりとした後味  が...

詳しくはこちら

SAKE COMPETITION 2015 純米吟醸部門3位受賞

【純米吟醸 部門】第3位受賞 出品数最多の1028点、世界一が決まる! 純米酒・純米吟醸・純米大吟醸・FreeStyleの4部門に分かれ、技術指導者・有識者・蔵元からな...

詳しくはこちら

「継ぐ女神~青木知佐(27) 茨城・古河で186年続く蔵元“青木酒造”8代目」

2017年3月22日に放送された、テレビ朝日の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」の水曜コーナー「継ぐ女神」に、弊社専務青木知佐を取り上げていただきました。 本日3/22放送...

詳しくはこちら