御慶事への想い

柱時計

 

贈る人の心を伝える伝統の銘酒をつくる―青木酒造株式会社

青木酒造は天保2年(1831年)十一代将軍家斉の時代に現在地である茨城県西部渡良瀬川と利根川の交わる古河に創業し、キレの良い関東人好みの酒を作り続けてまいりました。 清酒御慶事は三代目当主が大正天皇御成婚の折、皇室の繁栄と日本の国のますますの隆盛への願いを込めて「最高のよろこびごと」という意味で「御慶事」と命名したのです。 古河で唯一の地酒として地元をはじめ、広く愛飲されております。